しわの改善に効果的な方法のTOPに戻る

しわやしみと肝班

顔にできるしわやしみはビタミンを摂ることが効果的だといわれていますが、全てのしわやしみに効果があるわけではありません。
ビタミンを一生懸命取り入れても、肝班という30代から40代にできるしわやしみには効果がいまひとつなのです。
左右対称の目や頬のしわやしみであり、境界線がはっきりしないしわやしみを肝班といいます。
肝班は女性ホルモンの乱れや、紫外線が関係しているとされており、出産経験のある女性などに見られます。
紫外線によるしわやしみと同じようにビタミンを摂っても、顔のしわやしみを解消することは困難なようです。
肝班と呼ばれる顔のしわやしみには何が有効かといいますと、トラネキサム酸という人工合成されたアミノ酸が効果があるとされています。
トラネキサム酸は、医療の分野で止血剤としても用いられており、血友病や白血病に対しても処方されていますし、トラネキサム酸には肝班のしわやしみに対して効果がある成分といわれています。
トラネキサム酸を1カ月間ほど、1日3回のトラネキサム酸錠剤を摂ることを継続することで、肝班が薄くなったという事例もあります。
肝班の解消を確実にするためには薄くなってからもう1ヶ月間程、続けるとしわやしみ治療の効果があがるそうです。
肝班を一般的な顔のしわやしみと間違えてレーザーなどを使ってしまうと、余計に目立ってしまったり、ひどくなる可能性もありますので、トラネキサム酸を皮膚科で処方してもらい、顔のしわやしみが気になる方は一度、診てもらうことをおすすめします。
関連コンテンツ

しわは18歳から始まる

・・・

日焼けがしわの原因になるのは、なぜ?

・・・

しわやしみができる原因の日焼けの危険度

・・・

しわやしみができる原因

・・・

しわやしみの改善の基本の毛穴ケア

・・・

しわやたるみができる原因と対策

・・・

しわの改善としわの要因

しわの改善としわの要因ですが、齢を取るとどうしてもしわが増えて気になってくるものです。 しわはできてしまうと元に戻りにくいし、しわはできるものと諦めてしまう方も多いのですね。 しわにはしわ・・・