しわの改善に効果的な方法のTOPに戻る

しわやしみができる原因

しわやしみは、本人が気がつかないうちに忍び寄ってきますが、しわやしみには様々なタイプがあり、しわやしみできる原因は生理的なものや精神的なもの、物理的なものなどによって起こります。
しわやしみができる代表的なものは、生理的なもので年齢を重ねることでしわやしみができます。
生理的にできるしわやしみは、お肌の機能が衰えて、細胞が再生されにくくなってしわが深くなったり、色素が固まって部分的に増えて、大きな斑点状になってしみになるのです。

しわやしみできる原因に日焼けがあげられます。9月も半ばになると、しわが増えたりしみができたりする女性が増えます。

日焼けをすると肌が丈夫になると思い込んでいる人もいますが、太陽の日差しには赤外線や紫外線、可視光線などを含んでいますが、日焼けは紫外線によって起きる現象なのです。

わずかな紫外線でも、皮膚の細胞のDNAが大きな損傷を被り、皮膚の老化が進行し、日差しで肌の水分が奪われますので、皮膚の防御機能によってメラニン色素が増産され、皮膚を紫外線から守ります。

皮膚の防御機能によって作り出されたメラニン色素で、肌が浅黒く日焼けし、肌の奥にある柔らかい組織まで壊されてしまうのです。
関連コンテンツ

しわは18歳から始まる

・・・

日焼けがしわの原因になるのは、なぜ?

・・・

しわやしみができる原因の日焼けの危険度

・・・

しわやしみの改善の基本の毛穴ケア

・・・

しわやしみと肝班

・・・

しわやたるみができる原因と対策

・・・

しわの改善としわの要因

しわの改善としわの要因ですが、齢を取るとどうしてもしわが増えて気になってくるものです。 しわはできてしまうと元に戻りにくいし、しわはできるものと諦めてしまう方も多いのですね。 しわにはしわ・・・