しわの改善に効果的な方法のTOPに戻る
「しわの改善に効果的な方法」トップ >  しわになる原因 > しわやしみができる原因の日焼けの危険度

しわやしみができる原因の日焼けの危険度

しわやしみができる要因の紫外線で赤く火ぶくれを起こすような日焼けをもたらすのは、UVBという波長の紫外線で、じわじわと肌の色を黒くするのがUVAという波長の紫外線なのです。

太陽光もUVBをカットマシンを使用している日焼けサロンも、しわやしみができ肌を痛めて老化させる本質同じです。

お肌は、表面から表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっていて、2番目の層である真皮には、コラーゲンとエラスチンという繊維状のタンパク質組織があり、皮膚の弾力を保っていますが、紫外線にあたると、弾力維持組織が破壊されてしまうのです。

皮膚の弾力維持組織を破壊させないために、表皮と真皮の間にあるメラノサイトという細胞が、メラニン色素を作って、真皮のなかに紫外線が入り込まないように、バリアを作ります。

紫外線カットの役割を果たすメラニン色素は、表皮を通して透けて見えるため、浅黒くなりお肌の老化を防ぐガードマンともいえますが、肌再生機能が衰えてくるとしみとなってしまうのです。
関連コンテンツ

しわは18歳から始まる

・・・

日焼けがしわの原因になるのは、なぜ?

・・・

しわやしみができる原因

・・・

しわやしみの改善の基本の毛穴ケア

・・・

しわやしみと肝班

・・・

しわやたるみができる原因と対策

・・・

しわの改善としわの要因

しわの改善としわの要因ですが、齢を取るとどうしてもしわが増えて気になってくるものです。 しわはできてしまうと元に戻りにくいし、しわはできるものと諦めてしまう方も多いのですね。 しわにはしわ・・・