しわの改善に効果的な方法のTOPに戻る
「しわの改善に効果的な方法」トップ >  しわになる原因 > 日焼けがしわの原因になるのは、なぜ?

日焼けがしわの原因になるのは、なぜ?

日焼けはシミの原因になるだけではありません。紫外線は、皮膚から水分を奪い、目元、口元などの乾燥しやすい部分を干からびさせ、無数の小じわを作ります。

花は水分が不足してしおれても、水をやれば持ち直しますが、お肌の場合は、水分が不足するとしわになってしまうのです。

真皮の中には、コラーゲンとエラスチンという繊維物質がありますが、コラーゲンは真皮が弾力を失わないように、内側から支える柱のような役割をしていますが、紫外線を浴びることによって水分を奪うだけではなく、コラーゲンを直撃すると、繊維がいたるところでブツブツと切断され、プリプリしたお肌に深いしわが刻まれてしまうのです。

コラーゲンなどの弾力繊維は、いったん破壊されると自力で復元することができませんので、一時的に水分を失ってできた小じわと異なり、化粧水や美容液でいくら補強ししても、ぷりぷり感が戻りません。

防備もせず紫外線を浴び続けると、お肌の若さが知らず知らずのうちに、老化に拍車をかけてしまうのです。

テニスやゴルフなどを楽しむ場合は、できるだけ紫外線を浴びないように、心がけることをおすすめします。
関連コンテンツ

しわは18歳から始まる

・・・

しわやしみができる原因の日焼けの危険度

・・・

しわやしみができる原因

・・・

しわやしみの改善の基本の毛穴ケア

・・・

しわやしみと肝班

・・・

しわやたるみができる原因と対策

・・・

しわの改善としわの要因

しわの改善としわの要因ですが、齢を取るとどうしてもしわが増えて気になってくるものです。 しわはできてしまうと元に戻りにくいし、しわはできるものと諦めてしまう方も多いのですね。 しわにはしわ・・・