中古車下取り査定のコツとポイントのTOPに戻る
「中古車下取り査定のコツとポイント」トップ >  下取り査定の基礎知識 > 中古車下取り査定で知って置きたい基礎知識(1)


中古車下取り査定で知って置きたい基礎知識(1)

中古車の下取り査定を行って貰って、下取り査定金額を確かめて、得心がいった場合には、気持ちよく手放すことができますね。
中古車を下取りする上で、欠くことが出来ない書類というものがあります。
中古車下取り査定が済んでから準備しても構わないのですが、下取り査定の前に準備しておくと、下取り店から好いイメージを持って貰えますし、少し高い査定価格を提示してくれるかもしれません。必要な書類はできれば、前もって準備しておきましょう。

愛車を売り渡す時に欠くことが出来ない書類は、軽自動車と普通自動車の場合では、少し違ってきます。軽自動車の場合の書類ですが、自動車車検証、自賠責保険証明書、売却代金振込み口座番号、リサイクル券、軽自動車納税証明書の5点ですが、自動車車検証は、あなたの名前とお住まいの住所をしっかり確認し、売却代金振込み口座番号は、間違えないようにメモ書きで構いませんが、リサイクル券については預託済証明書になります。

軽自動車を手放す場合の書類は、特別に申請を要するというものではありませんが、車検の時や保険に加入する時、軽自動車を買った時に提示されているものです。
これらの必須書類が自宅に無い、無くしてしまったという場合は、所轄に相談して再度発行して貰ってください。

再発行交付依頼先は自動車車検証の場合は運輸支局、自賠責保険証明書の場合は契約した保険会社、リサイクル券の場合は買った自動車販売店、軽自動車納税証明書は運輸局の自動車税事務所か税事務所で、再発行申請手続きを行うようにしましょう。

中古車下取り査定を行う前に、必須書類を確認しておき、紛失している場合は再発行手続きを取って事前に入手しておくようにしましょう。

関連コンテンツ

中古車下取り査定で知って置きたい基礎知識(3)

中古車下取り査定で知って置きたい基礎知識ですが、ひとつは、自動車ローンがあります。自動車を購入する時には多くの人が自動車ローンで購入すると思いますが、自動車ローンの支払いが残っている間は、正式な車の持・・・

中古車下取り査定で知って置きたい基礎知識(2)

中古車の下取り査定を行って、愛車を売却することが決まった場合に、愛車を売却するために必要な書類があります。 中古車の売却が決まっている場合は、下取り査定を依頼する際に必要書類を準備することをおす・・・